研究業績(原著論文、総説、学会発表、博士・修士論文)

原著論文
2019-2015 | 2014-2010 | 2009-2005 | 2004-2000 | 1999-1995 | 1994-1990 | 1989-1987

総説

学会発表
2018 |2017 |2016 |2015 |2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007

博士・修士論文
2018 |2017 |2016 |2015 |2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999 | 1998 | 1997 | 1996

原著論文

2019-2015

2019

2018

2017

2016

2015

2014-2010

2014

2013

2012

2011

2010

2009-2005

2009

2008

2007

2006

2005

2004-2000

2004

2003

2002

2001

2000

1999-1995

1999

1998

1997

1996

1995

1987年から1995年の原著論文リストはこ ちら

 

1994-1990

1994

 

1993

 

1992

 

1991

 

1990

 

1989-1987

1989

 

1988

 

1987

 

総説

  1. "有機結晶を舞台としたπ電子-プロトンカップリング物性の新展開",森 初果,日本物理学会誌, Vol. 74, No. 2, 82-92 (2019).
  2. "動的水素結合を活用した新しい電子機能性有機結晶の開発" 上田 顕, 吉田 順哉, 高橋 一志, 森 初果, J. Synth. Org. Chem. Jpn., 75, 1045-1054 (2017).
  3. "物性科学ハンドブック",森 初果 他, 東京大学物性研究所編, 朝倉書店, 2016, 932-973.
    ISBN: 978-4-254-13112-3
  4. "水素結合-π電子系相関型有機伝導体の開発とその水素/重水素同位体効果", 上田 顕, 森 初果, J. Comput. Chem. Jpn., 15, 163-169 (2016)
  5. "有機結晶における新機能物性開拓 ―π電子と水素の協奏―", 森 初果, Mol. Sci., 9, A0081 (2015)
  6. "Women in Physicsに参加して" 東京大学理学部ニュース 理学エッセイ No.13, 2014.
  7. “電子とプロトンが協奏する新しい分子機能性結晶の展開”, 森 初果, 上田 顕、磯野貴之, 固体物理, 49, 149-160 (2014).
  8. “化学の力を生かした新しい分子性機能材料の開発”、森 初果、化学、Vol. 69, No1, 20-21 (2014).
  9. “金属状態を示す純有機単成分導体”、森 初果、工業材料、Vol. 62, No1, 26-27 (2014).
  10. “はたらくこと 生きること理工系女性の想い”、森 初果、日刊工業新聞、2013年10月30日。
  11. “単成分純有機金属材料で金属伝導は可能か?”、森 初果、上田 顕、化学、Vol.68, No. 8, 64-65 (2013).
  12. “磁性と伝導性が相関した多重機能性分子性物質の開発“、森 初果、高橋一志、まぐね、Vol8, No.3, 148-154, 2013.
  13. “外場応答型機能性分子性物質の開拓”、森 初果、化学工業、vol.62, No.6, 7-11, 2011.
  14. “「分子の自由度」が生きた機能性分子性物質の開拓”―超伝導から歌う有機物質までー、森 初果 化学と工業、vol.63-5, 414-4161, 2010。
  15. “超伝導ハンドブック“, 2.1.3 分子性結晶-電荷秩序系, 森 初果  p39-44、朝倉書店、2009年.
  16. “Introduction to Organic Electronic and Optoelectronic Materials and Devices”, Chap. 9 Introduction of Organic Superconducting Materials, H. Mori, p263-285, CRC Press, Taylor and Francis Group, NY, 2008.
  17. “チェッカーボード型電荷秩序状態と競合する新規有機超伝導体”, 森 初果、高橋一志、森中直紀、FSST NEWS, No.115, 6-7 (2007).
  18. “有機エレクトロニクス材料の新しい展開” 森 初果、寺崎一郎、森 健彦、化学, 61(2), 12-16 (2006).
  19. “第5版 実験化学講座 7”、森 初果  p429-433、丸善、2004年.
  20. “MgB 2単結晶の合成と物性”Sergey Lee, 山本文子、森 初果、増井孝彦、内山裕士、James Quilty、田島節子、固体物理, 37(3), 51-57(2002).
  21. “超電導技術とその応用”、森 初果、p210-214、ISTECジャーナル編集委員会編 丸善 1996年.
  22. “有機超電導体”、森 初果、ISTECジャーナル, 8(1), 57-60(1995).
  23. “超電導研究・開発ハンドブック” 、森 初果、 p88-91 ISTECジャーナル編集委員会編 オーム社 1991年.
  24. “有機超電導体の最近の展開”、森 初果、ISTECジャーナル, 3(2), 12-16(1990).
  25. “STMによる有機超伝導体k-(BEDT-TTF)2Cu(NCS)2表面の研究”、吉村雅満、荒則彦、影島賢巳、塩田隆、河津章、重川秀実、森 初果、矢持秀起、斉藤 軍治、表面科学、11(6), 25-28(1990).
  26. “10Kを越えた有機超電導体 (BEDT-TTF)2Cu(NCS)2”、齋藤軍治、浦山初果、固体物理, 28(3), 46-56(1988).
  27. “有機超伝導体の将来”、齋藤軍治、浦山初果、現代化学, 11, 67-71(1987).

学会発表

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

博士・修士論文

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005

2004

2003

2002

2001

2000

1999

1998

1997

1996